ハーブティーの効果

ハーブティーの大きな魅力は、日常生活の中でほぼ危険姓がなく利用できる点です。ラテン語で「草木」のことをハーブ(herb)というのが語源で、薬用・スパイスで使用されている全般のことを指します。「ハーブ」はリラックス用アロマオイルの香料のようなものを指すだけではなく、ブラックペッパーなどの薬用調味料に使われるものも含めて指しています。効能のある植物全般、というのは適切な表現でしょうか。最も我々に身近なもので言うとハーブティーになります。 ハーブには様々な種類があり、それによって作られるハーブティーにも同様にたくさんの種類があります。

 

いくつか挙げてみると、「カモミール」や「ラベンダー」には心を鎮める効果があります。 「カモミール」は優しく甘いにおいがあり、ハーブティーにしてもその甘味は引き継がれます。心身の不安や緊張感を除去し心をストレスフリーな状態へ導きます。よって寝つきやすくなります。 「ラベンダー」も「カモミール」と同様に心を鎮める効果があります。「ラベンダー」が「カモミール」と異なるのは、抗炎症作用の効能も持ちあわせているため、アレルギーなどの症状に対しても効果を発揮します。 ハーブティーとして飲む際には、マッサージをして緊張をほぐしたり、部屋を暗めにして心を落ち着ける音楽を流したりするとより効果的です。